K-PORTドラッグマートによるドラッグストア、調剤薬局運営体制“3事業”内「調剤事業」について。

調剤事業

「かかりつけ薬局」というあたらしい考え方

今までは病院やクリニックで処方箋をもらった際、近隣の薬局に行き薬をもらうことが一般的でした。必要な薬が適切に処方されるため「医薬分業」が推進され、現在調剤薬局が乱立する時代となっています。

どこの薬局で薬をもらおうかと考えた事がありますか?

薬局の立地や利便性など様々な選び方がありますが、現在では患者様が調剤薬局を選ぶ時代に突入しています。

ケイポート薬局調剤部門の取り組み

ケイポートの調剤薬局の歴史はまだ浅いため、試行錯誤を繰り返しながら発展しています。

ベテラン薬剤師は長年医療現場で仕事をしてきた経験を生かし、薬剤師を育成・サポート、これからを担う薬剤師は新しい調剤薬局を目指して日々の業務に取り組んでいます。

患者様の満足とは?と日々問いかけて

患者様の中には自分がもらう薬に興味がない方がいらっしゃいます。
自分の具合が悪く病院などにかかったのに、薬は医師に処方されるがまま。もっと薬を知りたいと思いませんか?

ケイポートの薬剤師は日々薬のことを深く勉強し、患者様にご理解いただけるまで丁寧に説明します。
患者様と信頼関係を築きよりよい医療を提供することが、患者様の「満足」であると信じています。

いつまでも健康でいられるサポートを

「いつまでもいきいきと元気に暮らしたい」という皆様の思いを実現するために、私たちスタッフ一人一人が患者様に合ったセルフメディケーションを一緒に考えます。

正しい情報を入手し、正しい知識を身につけることで、自分の健康を患者様ご自身で守り、維持、増進するお手伝いをケイポート調剤薬局は担っているのです。

OTC部門、美容部門と連携してより良い情報提供、アドバイスを、またかかりつけ薬局(薬剤師)として地域の皆さまに貢献することをお約束します。